SSブログ
司書のお勉強 ブログトップ
前の30件 | -

間違いなく修了 [司書のお勉強]

仕事が終わっておうちに帰ると、大学から司書の資格を取得した証明書が届いていた。
ヽ(´∀`*)ノワーィヽ(*´∀`)ノワーィ

頑張って1月に3科目受験した甲斐があったぞー。
ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

塩狩峠のこととか旭川のこととか日記に書こうとおもっちょるんだが、気力がわかんのだが。
まだまだ塩狩峠の余韻にひたりちゅう。

とりあえず、ひとまずほっとしてます。

2596564


試験の結果が届いた…… [司書のお勉強]

大学から試験結果の通知が

キタ─(゚д゚(゚д゚(゚д゚(゚д゚(゚д゚)っ─ゾォ!!!

ドキドキしながらオープン。

 嗚呼、もしまた「情報機器論」を落としたらどうしよう 。

゜゜ヽ(´□`ヽ。)°゜。ぃゃ~~~~~ん

嗚呼、何か落としていたらどうしよう

(つ□`。q)≡うえ゛ぇ゛--------ん

さて、気になる結果は?!


全てのレポートに合格した! [司書のお勉強]

 昨日の夕方、「図書館特論」のレポートが返却された。合格。
 ここまで長かった……とりあえず、全科目レポートには合格した。あとは試験結果を待つだけ……どきどき。

 添削をしてくださった先生からのお勧め本。1回読んだけど、またもう1回読んでもいいのかもしれない。

浦安図書館にできること―図書館アイデンティティ (図書館の現場)

浦安図書館にできること―図書館アイデンティティ (図書館の現場)

  • 作者: 常世田 良
  • 出版社/メーカー: 勁草書房
  • 発売日: 2003/05
  • メディア: 単行本


タグ:図書館特論

あと1つ [司書のお勉強]

 「専門資料論」のレポートが返って来た。合格していた。あとは、「図書館特論」のレポートだけ。試験の結果は来月中旬にならないとわからない。今は仕事が終わったらのんびり本を読んでいる。

試験終了 [司書のお勉強]

 昨日でやっと全ての科目の試験が終わった。「専門資料論」と「図書館特論」はレポートと試験結果待ち、「情報機器論」が試験結果待ち。夏のスクーリングは本当にしんどかったし、仕事を終えた後、夜遅くまで教科書を読んだり、レポートを書くために土・日・祝がつぶれたり、途中で何度も何度もくじけそうになったけれど、ここまでどうにかたどり着けてよかった。あとは結果待ち……ひとまずほっとしたところ。


アサッテはシケンなのに [司書のお勉強]

アサッテはシケンと書くべきところを、アサッテはシレンと書きそうになった。

いや、まぢでシレンです。初めての3科目受験。でもこれさえ通れば……なのに頭イテー。
低気圧の馬鹿あー。
日曜日はめっちゃ寒くなるらしいじゃないですか!!

。・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚ )ヨチヨチ

デモミツバチチャンガンバルヨ。


試験は1週間後 [司書のお勉強]

らいしゅうのにちようびはてすとなのに、かいとうづくりがはかどっていません。きのうはがんばってつくったのに、たったにもんしかできなかった。「せんもんしりょうろん」があと8もん、「としょかんとくろん」があと10もん。7かまでおやすみなのに……このままべんきょうでおわるのか。
(ノД`)シクシク

1しゅうかんごはしけんです。なのにいろんなことをかんがえてしまってはかどりません。いろんなものがおしよせてきます。8かからしごとがてんこもりになっている。
ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!

よみたいほんがいっぱいあるのに、もじどおりつんででおくだけになっています。
。・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚ )ヨチヨチ 


図書館特論のレポート作成に使った資料 [司書のお勉強]

レポートでは、原稿用紙5枚分なので、思い切って公共図書館の「ビジネス支援サービス」についてまとめることにした。以下、レポートを作るまでに参考にした資料の覚書。

未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告― (岩波新書)

未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告― (岩波新書)

  • 作者: 菅谷 明子
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2003/09/20
  • メディア: 新書

この本が、すごく役に立った。ビジネス支援だけではなく、これから目指す図書館の方向性の実例が書いてある。

公共図書館の論点整理 (図書館の現場 7) (図書館の現場 7) (図書館の現場 7)

公共図書館の論点整理 (図書館の現場 7) (図書館の現場 7) (図書館の現場 7)

  • 作者: 田村 俊作
  • 出版社/メーカー: 勁草書房
  • 発売日: 2008/02/21
  • メディア: 単行本

続・情報基盤としての図書館 (図書館の現場)

続・情報基盤としての図書館 (図書館の現場)

  • 作者: 根本 彰
  • 出版社/メーカー: 勁草書房
  • 発売日: 2004/02
  • メディア: 単行本

 

今、図書館業界にある課題をじっくり考えるのにこのシリーズが役に立った。

将来に向けての基本的考え方―今後10年の図書館・学習・情報

将来に向けての基本的考え方―今後10年の図書館・学習・情報

  • 作者: 英国文化・メディア・スポーツ省
  • 出版社/メーカー: 日本図書館協会
  • 発売日: 2005/07
  • メディア: 大型本

外国(イギリス)の図書館政策や方向性がわかりやすかった。

他に「みんなの図書館」は、最新情報があり、実例もあるので役に立った。


タグ:図書館特論

頑張れメール [司書のお勉強]

ううう。眠い。(ρw-).。o○

ベッドによろめきさうだ。嗚呼。でもでも、頑張れメールをいただいたから、もうちょっとだけ頑張る。せめて、文部科学省のHPからプリントアウトした「公共図書館をめぐる状況」の文章だけでも読もう、戦いは続いているんだ!!
ミツバチは、自分の明日のために戦うんだ!!

ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!

もうちょっとだけ頑張った


タグ:図書館特論

レポートうんうん [司書のお勉強]

 「図書館特論」のレポートをうんうんうなりながら作っている。この貴重な週末を、現実逃避に使ったミツバチが悪かった。つくづく自分のダメ子ぶりに立ち直れない。orz

 とりあえず、下書きを書くことにしよう。今晩は頑張る。頑張る。頑張らないと、『虚構機関』が買えない……ううう。ああ、だうしてM-1を見たのかしらん。

 館の種類は公共図書館に限定して……えーとえーと……
 ああ、。馬太目 ぽ..._〆(゚▽゚*)


あと4つ! [司書のお勉強]

 ミツバチに計画的な投球というものが出来たら人生もっとうまくやっているはずなのだが、ノーコンな上に、ダメダメな直球しか投げられないので今に至っているのである。

 しかし、それはさておき、通ったよ! 図書館資料論!! ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

 前日には教科書そっちのけで、を読む(ミツバチの計算では、試験後の11/4に届くはずだったんだ……)というダメ子な学習態度に自己嫌悪に陥ったのは、答案の解答を書きながら、こともあろうに国立国会図書館のweb上の蔵書検索システム名「NDL-OPAC」を度忘れしてしまい、頭が真っ白になるというハプニングがあったからなんだが、試験の後は喫茶店で「かういふの、きっとミツバチちゃんは好きなはず」とお勧めされた本に夢中になっていた。

 なんか先月のことなのに、もう何ヶ月も前のことの気がする……きっとこの1ヶ月間の密度が妄想のあまり濃かったからかな。未取得はあと4科目。ミツバチがんばる! 


レポートガリガリ [司書のお勉強]

 木曜日からの遅れを取り戻すべく、「専門資料論」のレポートの下書きを書いてます。がんばってます。「図書選択の自由について述べよ」という設問は、図書館学の中でもとても大切なところなので、課題を仕上げるべくやっつけ仕事にするのではなく、きちんと理解したほうがよいと思ったので、「図書館の自由」を侵害すると問題になった事例も図書館で本を借りて読み、詳細を理解したうえで、教科書をまとめるところからはじめますです。でも、がんばりすぎるとまた熱が出るので、熱を出すといろんなところにご迷惑とご心配をかけてしまうので(それは働きばち失格だ……)、今日は無理をせずこの辺でお風呂に入って日にちが変わらぬうちに寝ますです。もうこれ以上風邪をこじらせたくない……

 「図書館資料論」のレポートが帰ってきた。無事に合格! やっほーい。


レポート製作 [司書のお勉強]

  本当は、この週末に終える予定だったのに、体調不良でダウンしていたので作業が遅れている……
・゚・(つД`)・゚・

熱も平熱に戻ったことだし、暖かい昼間に無理をしない程度にがんばって、晩は早く休もう。

 それにしても、仕事をしながら通信教育とはいえ、勉強をするのがこんなに大変だと思わなかった。夏のスクーリングのときは、暑さでくじけそうだった。今は、体力のなさでくじけそうだ。時々、漫画家や小説家で働きながら連載を持つという人もいるらしいが、どうやってはるんやろう……きっと、並々ではない精神力と、相当な努力家なんだろうな……おいらも、あと4科目(うちレポート未提出は2科目、未試験科目は3科目、レポートのみ再提出は1科目)だ。

 まずは、下書きから。楽しいお誕生日旅行のために頑張る。ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!


モチベーションをあげよ! [司書のお勉強]

 「専門資料論」のレポートを書くために、図書館へ出かけ、資料を借りてきた。借りた本は下記の通り。

図書館資料論・専門資料論 (図書館情報学シリーズ)

図書館資料論・専門資料論 (図書館情報学シリーズ)

  • 作者: 伊藤 民雄
  • 出版社/メーカー: 学文社
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 単行本

図書館は本をどう選ぶか (図書館の現場 5)

図書館は本をどう選ぶか (図書館の現場 5)

  • 作者: 安井 一徳
  • 出版社/メーカー: 勁草書房
  • 発売日: 2006/09/08
  • メディア: 単行本

 

知る権利と図書館

知る権利と図書館

  • 作者: 中村 克明
  • 出版社/メーカー: 関東学院大学出版会
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 単行本

 

図書館の自由に関する事例33選 (図書館と自由 (第14集))

図書館の自由に関する事例33選 (図書館と自由 (第14集))

  • 作者: 日本図書館協会図書館の自由に関する調査委員会
  • 出版社/メーカー: 日本図書館協会
  • 発売日: 1997/06
  • メディア: -

 

 そして、レポートの清書が終わったあとに読む「ご褒美の本」もちゃんと借りてきた。このブログをご覧の賢明な皆様はお気づきでしょうが、私は不純な動機とエサがないと学習できない人間です。学習能力はありません。昔と同じことをしています。小学生ならともかく、30過ぎてこれでいいのか。これで。でも、我慢するもん。レポートがひとつ終わるまで読まないもん!(P24までとあとがきは読んだけど……)


タグ:専門資料論

朝から勉強してみる [司書のお勉強]

 そろそろ「専門資料論」のレポートの下書きに入らないと、東京旅行が心行くまで楽しめない。12月に販売される本が心行くまで楽しめない。といふわけで、昨日は、教科書にマーカーをひきまくり、参考図書にも手をつけてみた。下で悪の秘密組織がどうたらと言っていますが、アレは幻です。ええ。そうですとも。

 本当のわたしはヲトメなのです。


自分で自分に人参をぶら下げる [司書のお勉強]

 「情報機器論」の再試験、「資料組織概論」のレポート再提出、「専門資料論」「図書館特論」のレポートと試験を残しているわけだが、12月にはいろんな本が出る予定なので、それをエサに一生懸命上記の学習と戦っている。

 とりあえず、「資料組織概論」のレポート書いたぞ! 「典拠コントロール」もきちんと書いたぞ!!

 


明日は図書館資料論の試験 [司書のお勉強]

図書館資料論 (新・図書館学シリーズ (7))

図書館資料論 (新・図書館学シリーズ (7))

  • 作者: 平野 英俊
  • 出版社/メーカー: 樹村房
  • 発売日: 2004/03
  • メディア: 単行本
 明日は試験です。
 10月前半は、おでかけにいそしみ、後半は体調不良により、日ごろ何もしないことがたたっております。ええ。こういうのを自業自得というのだと、自分のダメ子ぶりにへこみながら、でもって、教科書と上の本とをにらめっこしながら解答を作っております。先月の「情報機器論」の試験前にこの本を読んでおけばよかった……マイクロ資料とか、電子資料とかそういうのも詳しく説明があります。

図書館司書の通信教育はどうなっているのか [司書のお勉強]

誰も突っ込まないだろうが、一応近況報告。

単位認定がなされたもの
・図書館概論
・図書館サービス論
・図書館経営論
・情報サービス概説
・児童サービス論
・コミュニケーション論
・情報検索演習
・レファレンス演習
・資料組織演習
・生涯学習概論

レポートの再提出がいる科目
・資料組織概説

試験もレポートも残っているもの
・情報機器論
・図書館資料論
・専門資料論
・図書館特論


勉強ガンバル [司書のお勉強]

 試験も近いし、せめて1科目だけでも試験を受けたいので、テキストが薄い「情報機器論」のレポートを書いているのだが、怠け者なので続かない。で、カレのようすをのぞいたら、がんばってお勉強しているので、わたしもがんばる~。

 こうしておいらの、出会いは絶滅、恋愛は瀕死の日々は続く。 

 


9月の試験終了! [司書のお勉強]

 図書館経営論の試験を無事に受けてきました。無事といっても、電車に乗った後で、試験に必要な問題集(これがないと受験できない)がかばんに入っていないことに気づき、最寄の駅まで戻り、自宅までタクシーを使ってとんぼ返り。

 なんとか試験会場に間に合い、ほっと一息ついたらさあ問題用紙配布。遅刻をしたために受験不可になった人もおりましたし、忘れ物をしないと時間を守るということは本当に大切なことだと反省しましたのであります。

 でもあと「専門資料論」「図書館資料論」「情報機器論」「図書館特論」の4科目のレポート提出と試験、「資料組織概説」のレポートの再提出が残っているわけで、試験はまだ10月、11月、1月、2月、3月の5回にチャンスがあるわけなんですが、レポートの返却に意外と時間がかかるようなので、来月の試験時には全て提出して起きたいものだと。まあ、予定は未定、9月からは仕事も繁忙期に入るので大変なんだけど、それを言ったらきりないし。

続きを読む


いざ、試験 [司書のお勉強]

 今日は試験なんだが、この科目は、研修の意義とか適材適所の人員配置といった、図書館以外のことでもわかる実際的なことなのでまだわかりやすくて助かった。おねえさんは、試験をがんばってきます。

 会場が神戸なので、帰りにおいしいパンを買って帰りたいナ。


スクーリング最終日 [司書のお勉強]

 やっとスクーリングが終わった……長かった。腰が痛かった。足がむくんだ。資料組織演習の試験問題が難しかった。ネムイ。おやすみ。


スクーリング7日目 [司書のお勉強]

 はふう。スクーリングも7日目だ。どうにかこうにか今日まで乗り切りましたが、いよいよ明日は試験です。でも明日はレポートの提出もあるから、図書館に早めにいかんなあかん。ミツバチちゃん、ガンバル。

スクーリング6日目 [司書のお勉強]

 レファレンス実習。午前中はずっと図書館をうろうろ。

 昼からは、分類表のお勉強。ミツバチさんは疲れたよ。あと二日がんばる。


日本の参考図書(第4版) [司書のお勉強]

日本の参考図書

日本の参考図書

  • 作者: 日本図書館協会日本の参考図書編集委員会
  • 出版社/メーカー: 日本図書館協会
  • 発売日: 2002/09
  • メディア: 大型本
講義ノートより:『日本の参考図書(第4版)』は、参考書を調べるための基本中の基本図書。
以下、凡例より:「収録の範囲を明治以降、1996年12月までに国内で刊行された参考図書とした/収録点数は7,033点である」採録に関しては、「各分野の基礎的なものであること、レファレンス質問の回答に資すること、また研究者の文献利用のための手引きであることなどを念頭においた」また「採録は独立刊行された単行本を中心とするが、全集や叢書などの特定の巻や雑誌の特別号なども、参考図書としての内容をもつものであれば対象とした」。配列はNDCに準ずる。「図書の内容を客観的に判断できるよう、主題、時代、地域などの範囲、本文の配列や構成、各項目の記載内容、参考文献や付録、索引の有無および種類、初期的来歴、電子メディアの有無、その他の特記事項を記した」
押さえておかねばならぬ基本中の基本文献。
今日はレファレンス実習なのだ。

スクーリング5日目 [司書のお勉強]

 ヲトメエネルギーをチャージしようとあれこれ妄想しているうちに気がついた。後ろからきゅっと抱きしめてもらうって誰がしてくれるんか? 頭なでなでって誰にしてもらうんか? してもらう相手を設定するのを忘れた、いや、それ以前に今、誰にもときめいていない。ミツバチさんの恋愛は瀕死、もとい出会いは壊滅。最近じゃ異性ってなに? 宇宙から来た人? ってな感じだしな。

 ちなみに最後にときめいたのは、阪急電車で9000系に乗って興奮したときぐらいだ(実話)。

 枯渇したヲトメエネルギーのせいだろうか、今日は、午後の資料組織概説で力尽きた。帰りもとぼとぼ帰宅していたが、電車の改札で、いまどきの男子学生2名が灰色のはかまはいて歩いているのを見て、急に元気が出た。はかま姿にあのような和テイストのときめきがあるとは! しかし浴衣はときめかんのに、何故はかま?(『星の瞳のシルエット』か?) 自分の馬鹿さ加減になさけなくなりつつも、明日からガンバロウと盛り上がったことを告白。

 1冊読んだけど、感想は後日。オヤスミナサイ。


スクーリング3日目、4日目 [司書のお勉強]

スクーリング3日目は、「情報検索演習」の最終講義と資料。持ち込みがOKだったので、助かった……昨日は疲れ果てて9時に寝て今日の6時に起きました。

今日から朝の9時から晩の6時半まで大学にて講義。1時間目「レファレンス演習」2時間目「資料組織演習」。1時間目は、このブログと密接にかかわることなので楽しく勉強。2時間目はこまごました規則が多くて大変だった。帰りはぐったり。

早くもヲトメエネルギーが枯渇しているので、背後からぎゅっと「ミツバチ、がんばってるね」と抱きしめてくれる(注:誰が? と突っ込むのはやめましょう)妄想とか、頭なでなで妄想とか(注:左に同じ)、「一生懸命なミツバチが好きだよ」(注:↑)と言ってもらえる妄想で耐え忍んでいます。


スクーリング2日目~ネットと戯れる [司書のお勉強]

スクーリングの2日目。ミツバチ的にストライクなお天気お兄さんを信じて長い傘を持っていったのに雨は降らなかった……ぐすん。

雨が降らないうちにと気合を入れて朝の6時半過ぎに家を出たのはいいが、早くつきすぎる。まあいいやとぶらぶらして、少しレポートを書く。今日も情報検索演習の授業なので、午前中はPCのキー操作など。といっても、合理的に操作するために、ショートカットキーを覚えよと言うものなのだが、かなり役立つ。いやん、ミツバチちゃんも出来る女みたいとはりきる。その後はグループで分かれて演習。いくら、ミツバチちゃんの必殺技が「ミツバチ愛サーチ」だと自称しても、まだまだ修行が足りぬことを思い知らされる。何より、11時から16時まで延々と課題を検索するのは疲れた……やはり、「ミツバチ愛サーチ」は妄想を検索するからこそ威力を発揮するようだ。


スクーリング初日 [司書のお勉強]

 今日から大学のスクーリング初日。情報検索演習の授業を受けるために早起きして出かけたのはいいんだが、まあいろいろあった。なさけなすぎて日記には書けない。

 久々に大学の教室で先生の話をきくスタイルが新鮮で、何より先生の話がとても上手なので眠ることなく初日は無事に終了。明日はPCをつかった演習なので楽しみにしている。秘儀ミツバチ愛サーチの技を磨くために、がんばって検索エンジンの達人になるぞ!(なんかちゃうやろ)


学生に戻る日々 [司書のお勉強]

 さて、今日は試験なので、一応1科目だけ受けてきました。明日から大学のスクーリングなんですが、朝の9時から晩の6時ごろまでちゃんと勉強できるのか、とりあえず、妄想でいっぱいの頭の中を少し片付ける必要がありそうです。問題は、知識を吸収するのか。ちと、いやかなり心配。
前の30件 | - 司書のお勉強 ブログトップ